基本事項
Wikipedia (英名) (学名) 撮影場所 時期
イカルチドリ Long-billed Plover Charadrius placidus コチドリは本来関東では夏鳥、子育てを終えると冬は越冬のため暖地へ。 南日本では越冬も、南西諸島では冬鳥。 したがって、関東で冬に見られるコチドリに似た鳥はイカルチドリの可能性が大きい。 特に河原で見かけることが多い。
コチドリと比較するとイカルチドリは雌雄同色。頭頂及び背から上面は淡褐色。額に黒い帯があり、過眼線は黒みのある淡褐色。アイリングは細く淡色。頸の周囲に黒い細い帯がある。胸から下は白い。嘴は黒く長い。足は淡黄色。翼先端が尾より出る。
冬羽では全体が淡くなる。
コチドリに良く似るが、コチドリは体がひとまわり小さく、アイリングが太く、黄色が鮮やかで、飛翔時に白い翼帯がない。また、翼先端が尾より出ない事などで区別がつけられる。
目撃情報
リンク 撮影場所 時期
備考
渡良瀬などで、この鳥と同定したことも結構あるのだが、正直自信がない。 越冬チドリなどという鳥も居て素人には?の世界。 きっとまた間違えてると笑っているベテラン達が沢山いることだろう。